2008年夏休みツーリング日記〜Vol.1〜

久々のしっかり更新(絵ではありませんがね)。先述していた通り休暇を取って旅をして参りました。
東京→長野→富山→石川→岐阜→滋賀→京都→名古屋、全走行距離2004.8kmツーリング5泊6日の旅。
旅行記という程ではないですが、毎年恒例の「見事な世界」として綴っておきます(リハビリがてら)。
旅へのきっかけ、ツーリング・ドライブ情報等あるかもしれませんので、ご興味があれば参考程度に。
趣味の一つということで・・・写真も旧式の安いコンパクトデジカメなので、美しい景色はご自分で☆
予定全6回。今月の更新はこれメインになってしまうでしょうが、宜しければどうぞ☆
絵は来月以降から・爆。


気持ちの切り替えが落ち着くのはこの更新も終わり、11月初旬の毎年節目になる祭りが済んでからでしょうな。まずはしっかり消化吸収、そこからまた描き始めようかと☆大事な事は自分で感じたルールに沿うのが良いのかと☆その前にまずはザッとな旅紹介でございます。ちなみに宿泊有りの連日ツーリングは初めての経験でございました。
やってみて分かります。日本は広い、だが手は届きます。次は貴方もご一緒に(爆)。

e0070320_0294071.jpg

2008年10月04日(土) 東京→長野→戸隠→黒姫→野尻湖→妙高→直江津→魚津→富山→高岡・・・473km
有料道路代5,100円 ガソリン代3,894円 宿代13,455円





画像が多い為、ブラウザによっては表示しない時もあるようです。その時はお手数ですが、再度読み込み直しを☆

1-1
e0070320_2113259.jpg

旅の相棒は愛車弐号機HD-SPORTSTER XL1200R"黒姫号"。持ち物は着替え・地図・財布と"覚悟"。
出発時のテーマソングはもちろん、LOVE PSYCHEDELICOのFreedom☆Gonna sing just for today☆

1-2
e0070320_21131227.jpg

まずは本日の目的地である富山へ。高速に飽きて長野からは一般道で。戸隠の有名な"大久保の茶屋"は素通り。

1-3
e0070320_21132371.jpg

道が変わり、景色が変わり、季節も変わり、余計な物が剥がれて自分も徐々に変わっていきます。

1-4
e0070320_21133767.jpg

JR信越本線"黒姫駅"、いつ来てもほぼ変わらない。あるべきものは、さりげなくそこに残り続けています。

1-5
e0070320_21135012.jpg

出発して3時間、黒姫駅から車で10分。信濃町にある野尻湖畔。真昼にはまだ夏の名残が残っています。

1-6
e0070320_211437.jpg

旅をすると、いろんな選択・いろんな自分達に出逢える。いつもそれは自分の中に自由に住みついている。

1-7
e0070320_21142057.jpg

馴染みの家に寄り道、バイクでは初。"黒姫号"という名の由来はこのバイクでここに来たいという想いから。

1-8
e0070320_2115443.jpg

JR信越本線の妙高高原駅前にて。隣の黒姫は長野県、こちらは新潟県。野尻湖はほぼ県境にあります。

1-9
e0070320_211433100.jpg

信州にきたらやっぱり蕎麦、休憩がてらの昼食です。もちろん黒姫産の霧下そば。

1-10
e0070320_21144724.jpg

有名な蕎麦屋よりも、馴染みのあるこちらの方が私には名店(戸隠の"大久保の茶屋"はお勧めですが)。

1-11
e0070320_21151921.jpg

野尻湖から直江津までは県道18号をまっすぐ。直江津から富山に向かえば右側にずっと海が続きます。

1-12
e0070320_21153290.jpg

真っ直ぐに道を進むだけで普段と違う海に出会える、それだけで安心。 地球は全て島でできている。

1-13
e0070320_2116088.jpg

富山県は魚津の道の駅"蜃気楼"。蜃気楼には出会えませんでしたが、見事な海鮮に出会えます。

1-14
e0070320_21154466.jpg

海鮮ついでに名物"細工かまぼこ"も。休憩時のおやつに意外といける。バイクの熱でぬるい。

1-15
e0070320_21161745.jpg

ひとまず富山藩10万石の地に。目的地はいつも逃げない、避けるのはいつだって自分。やるか、やらないか。

1-16
e0070320_21163867.jpg

戦国時代に建てられ450年以上の時を見守る富山城。変わるもの・変わらないもの。間にあるその壁は大きい。

1-17
e0070320_21171595.jpg

城址公園沿いを流れる松川。遊覧船での優雅な川巡りも楽しめます。流れてないから生命が少し濁ってる。

1-18
e0070320_21164891.jpg

偶然通りがかった"元祖せきの屋"にて名物"ますのすし"も。この仕様にはちゃんと理由・意味がある。

1-19
e0070320_21173154.jpg

陽の傾きが早くなり、本日の最終目的地"高岡"へ。何かを選ぶという事は、同時に何かを捨てるという事。

1-20
e0070320_21174452.jpg

高岡古城公園にて。夕方5:30から地元の人々により蝋燭に灯が灯されてライトアップされます。輪の力。

1-21
e0070320_2118062.jpg

高岡大仏。奈良・鎌倉と並ぶ日本三大仏の一つだそうです。話をする為に、向かい合ってみる。

1-22
e0070320_21183293.jpg

高岡は土蔵作りや鋳物工房など風情のある町並みが残っています。守られている代わりに、変われない印象も。

1-23
e0070320_21184821.jpg

大通りから1本入っただけでノスタルジックに出会えます。こちらは生活感がありその地の人々の意思を感じる。

1-24
e0070320_2119028.jpg

まもなく陽が暮れます。今日も沢山の鋳物製品が造られたように、世界では多くの仕事が成されていました。

1-25
e0070320_21191081.jpg

ホテルニューオータニ高岡にて素泊まり13,455円、いたって普通。地球を感じる旅の初日終了。ちなみにこの旅、
多少過酷で挑戦的な予感もあったので宿だけは贅沢しております。工夫次第で数万円のコスト削減は簡単に可能。

by ogap001 | 2008-10-11 14:24 | 見事な世界(写真)

<< 2008年夏休みツーリング日記... Freedom (LOVE P... >>