あの夏も 海も 空も (福山雅治)

ほいほ〜い♪皆様お久しぶりっ♪5日間の夏休み&週末3連休なんぞですっかり緩くなったogap001でございます♪
いやぁ〜、すっかり"いいじゃないか旋風"が常に吹き乱れてなかなかエンジンがかからないもんですわ(笑)。


ちょうど夏から秋に彩りを変えるこの時期はですねぇ、毎年恒例の夏休みがあったり誕生日も同時期にあったり、
その他もろもろとogap001にとって大切な節目が重なる時期なんです♪ 正月や春より大切な時期かもなぁ。
そんな訳で今は、次の自分へのルートやアクセス方法・出会いたい景色なんぞを確認して次の旅の準備をしてます♪
基本何も変わらないかもですけど、思うことが沢山あって、今年は何故か特に強く「しっかりせねばっ!!」なんて思ったりして。 何故だか分からないけど、これからの一年は特に大切な気がするのです、ふむ(要監視)。
意識を組み直しておりやんす♪変わらないけど、変わってやるぞっ!! 男は変わってなんぼっすから(爆)。


とまあそんな訳でですねぇ、今は消化吸収中につき絵描き生活には未だ届いておりません・・・だがし〜かしっ!!
恐ろしい数の2006年の旅写真をMoreに隠してありますので、ご興味のある方はごゆるりとご覧下さいまっし♪
e0070320_20193298.jpg

2004年は京都、2005年は沖縄。そして今年は瀬戸内方面に駆け足で足を伸ばしてみました。
道中、デジカメが壊れて買い直したけど一番お気に入りの場所のデータが遠慮のかけらも無く吹っ飛んでいたり、
しょうがないから使い捨てカメラで補っていたりとハプニングもあって、質の高い景色をお届けできなかったのが
残念ですが、やはり日本の景色は見事な美しさでしたよ♪ 日本を知って、自分を知って、世界を知りたい♪
多くの人々に力を分けて貰いながら、自分であること・日本人であることなんかを誇りに思えたりしました♪


以前紹介した【フォトプラザ】にも更にアップしてありますので宜しければ(ogap001で検索してね)。
・・・と、お返事もろくに出来てないのに更新してるの御免なさい。これから少しずつまた復帰致しますねん♪
まっ、自分のことちゃんとやってないとみんなに合わせる顔もねぇっ!!ってことでご勘弁(笑)。ただいまっ!!





■2006年夏休み(9月30日〜10月04日)
・東京→大阪→鳥取/鳥取→米子→岡山→尾道/尾道→広島→宮島→広島/広島→姫路→神戸/神戸→東京
・セットリスト:春夏秋冬&あの夏も 海も 空も(福山雅治)、時代(中島みゆき)、浪漫飛行(米米クラブ)、三都物語
 &いい日旅立ち(谷村新司)、我が良き友よ&今日までそして明日から(吉田拓郎)・・・ogap001オヤジ化説到来♪


1.・・・と、ここまでのは全部フリ。実は遥か遠くエジプトの砂漠に行って参りました。
e0070320_3364736.jpg

2.・・・ってのは嘘。ここは【鳥取砂丘】です。一度身体で知っておきたかった憧れの場所(家から電車で7時間)。
e0070320_3371035.jpg

3.砂丘といえども逃げようのない暑さと乾燥・・・砂漠で迷ったら確実に死ぬと実感しました。みんな何故進む?
e0070320_3372179.jpg

4.歩きにくいからと言うのもあるけど、どんな紳士淑女の皆さんもここでは裸足になります。サラサラサクサク♪
e0070320_337349.jpg

5.さすが砂丘、砂浜と違って山あり谷あり。喉を通る空気も乾燥していて喉までヒリヒリハァハァ。
e0070320_3375366.jpg

6.ただし砂丘。1km強も進めば海に到着。けどこの1kmは今までの人生で最長の1kmかも・・・。
e0070320_338562.jpg

7.格好いいこの殿方、実は風にあおられて人混みに・・・最後には華麗な舞いを見せてくれました。
e0070320_3382996.jpg


8.続いて鳥取〜米子間にある【倉吉】へ。今もなお静かにたたずむ古い街並みでした。朝一で誰も居ない・・・。
e0070320_3434312.jpg

9.初めてきた場所なのに懐かしさすら感じるのは不思議・・・DNAの仕業にしておきましょう。
e0070320_344051.jpg


10.本当は鳥取からそのまま米子&出雲に向かいたかったのですが、戻れなくなるので岡山県は【倉敷】へ。
e0070320_3394184.jpg

11.ここはお気に入りポイントで撮りまくりっ!!だったのにデジカメ壊れてデータも吹き飛んだ思い出の地に(笑)。
e0070320_340520.jpg


12.【尾道】もデータが・・・この旅一番のお気に入りスポットでした・・・また来るっ!!(2度も登ったのに・涙)
e0070320_3441458.jpg

13.元祖尾道ラーメンだそうです。「男たちの大和」出演者もよく食べに来てたんだって。魚介ベースでアッサリ。
e0070320_3442970.jpg

14.こちら尾道城。瀬戸内の絶景を望める展望台近くにあるお城。ここからいつの間にか城巡りが始まります。
e0070320_3445087.jpg

15.けどこのお城、尾道にして最凶の弱点かも知れません。廃墟で閉鎖されてるんだよね、勿体ないっ!!
e0070320_3451034.jpg

16.遠くから見ると綺麗だけど実は・・・非常に残念。歴史的背景のない観光用に作った嘘物らしい。
e0070320_345244.jpg


17.あら、もう宮島っ!!?この目で見たから良いのだけれど、写真に残せなかったのは痛い・・・。さてとっ!!
e0070320_34791.jpg

18.こちらはご存じ【安芸の宮島】ですね。秋の宮島だと勘違いしたまま訪れてしまった厳島神社。
e0070320_3472545.jpg

19.日本三景の1つのこの景色、低く広い瀬戸内の空に登るこの大鳥居の迫力は空を飲み込んでしまうほどでした。
e0070320_3473924.jpg

20.宮島には半日居たのですが、帰る頃には足が海に浸かってました
e0070320_348410.jpg

21.海水に揉まれながらも現存する世界遺産、その強さと儚さは桜を見た時に感じるモノと似てます。
e0070320_3482828.jpg

22.この日は外国人同士の結婚式が行われていて、新郎新婦のお二人には夕方のニュースでまた会いました。
e0070320_3484248.jpg

23.天気の良い穏やかな満ち潮の時には海面にも大鳥居が映し出されるそうです。
e0070320_349537.jpg

24.日本人である我々よりも日本に興味を持ち、日本を愛する人々・・・負けられないなぁ(笑)。
e0070320_3492068.jpg

25.貸し切りにしてもらってみんなで雑巾がけ競争とかしてみたいと思いました。
e0070320_349553.jpg

26.結婚式を彩る楽師さん達。数拍に一度ポ〜ンと波長が折り重なる瞬間があって心身を打ち抜かれました。
e0070320_350950.jpg

27.人が多くて廊下中央で数分仁王立ちしてもシャッターチャンスは訪れず。みんなで分け合いましょう♪
e0070320_3502376.jpg

28.遠くに聳える五重塔もまた見事な日本の景色に馴染んでいます。
e0070320_3503718.jpg

29.まだ夏が残ってて良かったぁ。蝉の鳴き声がとっても元気でした。
e0070320_3511467.jpg

30.橋の向こうから素敵な人物が歩いてきたら・・・武蔵坊弁慶とかは嫌だけど。
e0070320_3515763.jpg

31.この神の島、実は自然の匂いより食べ物の匂いよりも彼等の匂いの方が目立ってました。瞳が美しい。
e0070320_3521272.jpg

32.名物穴子丼。実は鰻と穴子の区別もつかず両方好きではなかったのですが絶品でしたっ!! 穴子旨いっ!!
e0070320_3522632.jpg

33.少し山に入るとそこには秋の気配が。毎年のこの時期の夏休みで見つける小さな秋がとても好きです♪
e0070320_3524084.jpg

34.一面を苔が覆うここは京都の銀閣寺みたく足元がヒンヤリしてとても気持ちの良い避暑地でした。
e0070320_3525746.jpg

35.風通しの良い昔作りの日本家屋(?)の中は入ると、とてもヒンヤリしていますなぁ。
e0070320_3533265.jpg

37.蝉の声を聴きながらここで大の字昼寝。余計な物がどんどん削ぎ落とされていってとても身軽になりました。
e0070320_3534649.jpg


38.フィルムチェンジならぬカードチェンジをしながら次にやって来たのは【広島】です。
e0070320_3552684.jpg

39.【原爆ドーム】。沖縄の"ひめゆりの塔"のように気楽に来れる場所ではないと思っていたのだけど・・・
e0070320_3553885.jpg

40.何気ない日常の景色で見かける、無意識に入ってくるこの歴史も大切な形なのではと思いました。身近。
e0070320_3555157.jpg

41.広島は恐いところだと思っていたけど否っ!!ヤンキーは気さくで、女性のしゃべり方も可愛く、人が面白い♪
e0070320_356216.jpg

42.一人旅でちょいと困るのは食事。疲れもあって今日はルームサービスを。これはこれで贅沢ですなぁ♪
e0070320_356161.jpg

43.・・・と思ってたんですが、これだけははずせないとばかりに男一人で夜のネオンの中へ・・・広島焼き♪
e0070320_3563115.jpg

44.カープファンの友達には申し訳ないが、ここではダントツ民生(奥田)が見たい。
e0070320_3564662.jpg

45.こちらは2つ目のお城【広島城】。男の人って何でお城が好きなんでしょうかねぇ・・・。女性は何が好き?
e0070320_3565858.jpg

46.外壁もなくあっさり天守閣まで通れちゃうと警備とか多少心配になります・・・大丈夫かっ!!?
e0070320_3571187.jpg

47.中はオシャレ(?)な吹き抜けの歴史資料館になっています。何か新しい?
e0070320_3572461.jpg


48.そして、はやくも3つ目のお城兵庫県の【姫路城】。この城見ずしてお城を語れますかいっ!!
e0070320_3582513.jpg

49.さすがこのお城はお堀から天守閣までとても遠い。目で見る以上の距離を感じました。
e0070320_3584114.jpg

50.お気に入りの首里城はまた趣向が違うけど、見事な城の条件として天守閣周辺がしっかりしている所は良い。
e0070320_3585356.jpg

51.この気安くは立ち寄れない気高さ、男として憧れます。まっ、結局3枚目の男の人に憧れるのですが。
e0070320_3594394.jpg

52.城門を抜けてからも、目的地まではとても険しく入り組んでいます。むやみに攻められん。
e0070320_3595868.jpg

53.ようやく麓まで辿り着いたらこの迫力。思ってた以上に攻めづらい・・・。
e0070320_4091.jpg

54.麓まで辿り着いたはいいけれど、今度はどこまで行けばゴールなのか把握できません。
e0070320_402233.jpg

55.皿屋敷で有名な「お菊(さん?)井戸」というのも。底が見えない程深く、覗くと吸い込まれます。
e0070320_403685.jpg

56.小学生の頃に作ったプラモと同じ(残念ながらこれが一番の感嘆)。
e0070320_405259.jpg

57.隠れんぼや忍者ごっこしたいと思いましたが、ここだと大変っ!! ここじゃ終われないかも。
e0070320_411649.jpg

58.御法度で、人生始めて触れかけた銃、火縄銃です(触ってません)。
e0070320_412818.jpg

59.国会議事堂も街を見渡せる場所にあれば少しは世の中や人々の生活に近付けるのではないかと。
e0070320_41391.jpg

60.廃藩置県の時代ですが、市内の人がわずか23円50銭でこの城を落札したそうです。
e0070320_415532.jpg

61.出口になると、お城の構図がよく把握できる景色になります。これも偉大な建築デザインでしょうか。
e0070320_421270.jpg

62.入るのも大変なら、当然出るのも大変です。何処かに必ず非常の抜け道があるはずだけど・・・。
e0070320_422670.jpg


63.そして最後の旅の目的地である【神戸】へ。
e0070320_431453.jpg

64.神戸の街は、オシャレな繁華街、南京街、異人街など多くの街並みがありました。
e0070320_432754.jpg

65.憧れの神戸・・・ではあったけど横浜とすごく似ていました。物価は横浜より遥かに良心的ですね♪
e0070320_4342100.jpg

66.憧れの絶景ポイント。だが後にこのタワーと衝突することになります(笑)。
e0070320_435591.jpg

67.雪景色の中で眺めるポートタワーってどんな感じなんでしょうか・・・。
e0070320_441324.jpg

68.夜の光に照らされると急にデジタル化して未来的な雰囲気に変貌してました。
e0070320_442832.jpg

69.夜景を見るのが好きなのって、単に美しいだけじゃなく人の凄さを実感できるからかも。
e0070320_44454.jpg


70.神戸の異人館街にある【風見鶏の館】。ここら一体は様々な様式の洋館も外国人観光客も多い。
e0070320_45354.jpg

71.TVの見過ぎでしょうか。こういう洋館は憧れるけど必ず密室殺人が起きそうで・・・失敬。
e0070320_451723.jpg


72.神戸の夜を彩るオサレなホテル。ボーイさん(最近は女性ばかりが多いですね)も見事なこのホテル・・・
e0070320_453043.jpg

73.CD2枚程の金額でお泊まりできてしまいました(平日だからか?)。横浜泊まるなら神戸などと思ってしまう。
e0070320_454272.jpg

74.山からだけではなく、海から神戸の街を見渡せるのもとても贅沢な気がします♪
e0070320_462068.jpg

75.けど、これだけ景色が良いと言うことは、向こうからもこちらの様子が丸見えですな。ストロボがピカピカ☆
e0070320_463230.jpg

76.美しい景色を彩るこの豪華客船。夜中の23:00過ぎに爆音の汽笛を鳴らせて出向していきました(怒)。
e0070320_464451.jpg

77.職場から電話が。「今は仕事どころじゃねえ・爆」と言ってしまった自分に反省。御免なさいでしたっ!!
e0070320_471867.jpg

78.神戸の南京町、さすがに独りでバクバク食べ歩くのも見苦しいのでお持ち帰り・・・油断でこんな山盛りに。
e0070320_473166.jpg

79.自然の中ではないけれど、お昼が夜になっていくのを外でこれだけ眺めていたのは久々♪太陽や月と共に。
e0070320_474215.jpg

80.先日ステーキ食べちゃったから、神戸牛のビーフシチューを♪ 大根が入ってるのは初で美味でした。
e0070320_475589.jpg

81.東京と同じような景色に見えても、日が暮れるのは東京より遥かに遅く、ゆっくり暮れていきました。
e0070320_48882.jpg

82.東京を出ることも数ある夢の一つだけど、こういう景色でまだまだテンション上がるお年頃だと再確認。
e0070320_482434.jpg

83.去年や一昨年は京都や沖縄の自然の中で走り回り、今年は各都市をゆったりと。次は何処に旅立ちましょうか。
e0070320_483677.jpg

84.そこに気の合う旅仲間が居たら素敵だねぇ☆・・・と今さら思いましたわ♪
e0070320_484844.jpg


・・・最後まで見てしまった貴方、本当にお疲れ様でございました(笑)。まだまだ語り尽くせぬ。
これでも半分近いデータがなくなっちゃってるんだけどね(爆)。数回に分けて更新すると、
いつまでたっても旅の余韻に後ろ髪を引かれてなかなか前に進めないような気がして一括更新にしました(汗)。

さてさて。自分を呼んでいる場所があると再確認し、またこれから行きたい場所も沢山あるので、マイペースながらもこれからまた笑って走り回ってやろうかと思うとりまっす。
旅も人生も同じようなモノかなぁなんて思いました。毎朝夢を見て、毎晩感謝で終われたら幸せですな♪

ブログ1周年を機にだいぶ絵ブログ生活から離れておりますが、これからもいろんな旅をしながら素敵な物を作っていきたいと思っているので今後とも宜しくでっす♪ さっ!!、行きますかっ!!
 じっくり1つ1つね♪

by ogap001 | 2006-10-09 03:42 | 見事な世界(写真)

<< 名もなき詩 (Mr.Child... VALENTI (BoA) >>